チャイナエアライン(台湾の航空会社)に乗ってみた《成田~台湾乗換え~ヨーロッパ》

チャイナエアライン乗ってみた

これまで色々な航空会社を利用してきましたが、チャイナエアラインは初めての利用です!

ちなみに、チャイナエアライン→台湾の航空会社
です!

表記が分かりにくいのですが、
チャイナエアライン(中華航空)→台湾の航空会社

エアチャイナ(中国国際航空)→中国の航空会社

チャイナイースタンエア(中国東方航空)→中国の航空会社

ですので、チェックインの際にはお間違いなく!

事前に口コミを見てみると

ざっと口コミを見た感じですが、機内食や機内サービスは問題ないとの意見がほとんどですね。

 

座席前モニターやイヤホン、テーブル等の機内設備が壊れているという口コミが散見されました。
ちなみに、自分の経験上、中国の航空会社の場合は何かしら座席の機内設備が壊れています。
(20回以上中国の航空会社を利用しましたが)
何も壊れていなければラッキーという感じですので、それに比べれば台湾のチャイナエアラインは全く良い方かと思います。
そこと比べてもという感じですが…

とりあえず、飛行機に長時間乗る場合は、ご自分で本、iPad、ゲーム機等のお楽しみグッズを持って行かれた方が良いです。

 

また、機体によって、真ん中座席列が、後方で4列→3列に変わっているところがありますが、
3列の方に座るとモニター位置がずれていて、大変見えにくいそうなので、座席指定の際はご注意ください。

チャイナエアラインに乗ってみた!~成田搭乗~

2時間前からチェックインとの前情報でしたが、
2時間20分前に成田に着くと、すでにカウンターでチェックインが始まっていました。
早い…

ちなみに、ほとんどの航空会社は2時間前、中国系は3時間前が多いです。
チャイナエアラインの場合は、正確には何時間前からチェックイン開始なのか不明ですが、2時間半前には行っておいたほうが良いかもしれません。

 

事前のWebチェックインで、空席の少なさから指定できなかった座席も、無事カウンターで指定できました。
ただ、二人が隣になれる座席はここしかないと言われましたので、かなりギリギリでした。

 

受託荷物(飛行機に持ち込まない、預け荷物のこと)の重量も、ひとりずつではなく合計でオーバーしていなければ良いとしてくれたので、助かりました。

 

ちなみに、Webチェックイン済の乗客と、Webチェックインをしていない乗客で、カウンターに並ぶ列が違います。
Webチェックイン済の乗客の方が、進みが速いです。
どこの航空会社でもそう分けていることが多いですので、せっかくWebチェックインをしたなら、そちらに並びましょう。

チャイナエアラインに乗ってみた!~成田~乗り継ぎ台湾 機内

JAL、DELTA航空とコードシェア(共同運航便)でした。

機体…A330-300
機体ごとの情報はこちら

チャイナエアライン機内食

機内食…ハンバーグを選択。美味しい!
抹茶のキットカットがついてきて、嬉しい。
パンはどの路線も特に美味しくないです。

機内飲料…台湾茶がとても美味しい。さすが。お茶の国、台湾。
チャイナエアラインに乗ったら、是非台湾茶を飲んでください。
(茶、もしくはチャイニーズティーと言えば出してくれます)

トイレ…赤ちゃんのオムツ台のついている広めのトイレがありました(25列の左後ろ)

機内設備…私と同乗者は、機内設備に故障や問題はありませんでした。

客室乗務員…何も問題ないです。おひとり、とんでもなく素敵なロマンスグレーの台湾人の客室乗務員さんがいらっしゃいました。
台湾茶のサーブをして歩いてらしたので、2回もお願いしてしまいました。
素敵な初老のおじさま好き、必見。

何の問題もなく、台北(桃園空港)に到着。

チャイナエアラインに乗ってみた!~台湾~ヨーロッパ

機体…A350-900
機体ごとの情報はこちら

基本的には台湾へ行く便と変わらず、特筆すべきは機内食くらいです。

機内食…2回出ました。そのうち1回は、アイスクリーム付き。

機内食①一度目の食事
肉団子かチキンパスタから選択しました。
肉団子→ハンバーグ
チキンパスタ→フェットチーネを薄くした感じのパスタ。

どちらも美味しかったです。

チャイナエアライン機内食2チャイナエアライン機内食3

 

機内食②ニ度目の食事 一度目より少し軽めの食事
オムレツかチキンヌードルから選択します。
オムレツ→オムレツ?キッシュみたい
チキンパスタ→フェットチーネを薄くした感じのパスタ。

どちらも美味しかったです。

チャイナエアライン機内食5
チャイナエアライン機内食4

どの航空会社を利用しても、○○ライスと言われると、
正体不明のドロドロしたものがご飯の上にかかっている…というメニューに遭遇するのですが、
チャイナエアラインでは、それがなかったのが良かったです。
あれ、美味しくないですよね。

機内プログラム…台湾行きとヨーロッパ便とほぼ同じ内容だったかと思います。
アニメも充実していた印象。
ゆるキャンとか東京喰種、食戟のソーマが全話あるのがすごいです。

チャイナエアライン機内 チャイナエアライン機内

機内の様子

チャイナエアライン
とても綺麗です。

何の問題もなく、目的地に到着。

その他機内設備

機内Wifi
有料のものがあります。
価格は1時間で11.95$~
チャイナエアライン

USB充電、コンセント
モニターにUSBハブがありました。
モニター下の足元の方に、コンセントがありました。

日本語対応
日本-台北間は日本人の客室乗務員も乗っています。
ヨーロッパからの帰りも、簡単な日本語のわかる台湾人の客室乗務員がおられました。
とはいえ、日本の航空会社以外では、日本語対応は基本的に期待せず、簡単な英語で乗り切りましょう。

それでは、良い旅を!
次回航空会社レビューの更新は、11月・トルコのターキッシュエアラインです。