育乳サプリやDVDで胸は大きくなるか?④

胸は大人になっても成長できる

育乳サプリやDVDで胸は大きくなるか?① 

育乳サプリやDVDで胸は大きくなるか?② 

育乳サプリやDVDで胸は大きくなるか?③ 

「朝起きたら、巨乳に変身していた!」

なんてことは、手術でもしない限り、実現しません。

でも、

①姿勢を徹底して良くする(猫背厳禁!)
②カップ付きキャミソールはやめる(ちゃんとブラをつける!)
③豆乳などの大豆製品と、たんぱく質を多く食べる(おっぱいを作る材料!)

を守って、「バストアップラボ」のエクササイズを毎日やれば、

少しずつ着実に、胸が成長していっていると実感できる日々が始まりました

ダイエットだって、次の日なぜかガリガリに痩せていた!なんてことはないですもんね。
身体を変えたい、と思ったら、

正しいやり方で、あきらめないで、続けることです。

1日さぼってしまったからと言って、自分を責める必要もありません。
「ダメだなぁ」なんて自分のことを責めてしまうと、やること自体がイヤになってしまいます。
それまで頑張っていた自分を否定してしまうなんて、かわいそうですよ。

また明日やればいいだけです、それで成功への道は続きます。

私が唯一成功したバストアップ方法『バストアップラボ』

貧乳と水着。

ビキニなんて、貧乳は着ることを許されない…

そう思って生きてきました。

いつも選ぶのは、チューブトップや、ひらひらしていて胸のあたりが良くわからないデザインの水着。

ビキニを試着したこともあるんですが、
パッドをもりもり入れて、なんとか無い乳寄せてみても、
一瞬だけ、はかない谷間のようなシワが寄り、
波が引いていくかのように消えていく…
あきらめるしかありませんでした。

そんな私に、育乳を始めて2ヵ月半。初めて水着を着る機会が訪れました。

この頃には、デコルテにもっとお肉がついてきて、

手できゅっと軽く寄せればちゃんとした谷間ができるようになっていました。

「今年こそはビキニ、着てみよう…!」

そう決心した私は、水着を買いにでかけました。

今まで避けてきたビキニタイプの水着を選んで、試着室へ…

ドキドキしながらビキニトップを着けて、
ぐっと手でカップに胸をおさめると…

めっちゃ谷間できてる!!!

谷間が、「I」ってなってる!!

信じられませんでした。

…とはいっても、ビキニって、「三角ビキニ」でなければ結構大きめのパッドが入っているし、
ちゃんとアンダーにワイヤーが入っているものを選べば、
寄せて盛れちゃうんですよね。

ちょっとズルかもしれませんが、がんばったご褒美としては満点でした!
普通の女の人っていつもこういう感覚だったんだなぁ~なんて、しみじみ嬉しくなりました。

それから気が付いたのが、

デコルテにちゃんとお肉がついていないと、
いくらグイグイ寄せて盛っても、なんか不自然な谷間しかできない、ということ。

 )( とか…
 Y みたいな感じです。

これが、デコルテにちゃんとお肉がついていれば、

「I」

という谷間になるんです。

本当に嬉しかったです。

試着の時よりも、
実際にそのビキニを着て、みんなの前に登場した時。

胸を隠したりしなくてもいいんだ、こんなに堂々と水着を着れる日が来るなんて

と、本当に、めちゃくちゃ感動しました。

バストアップの最終手段『バストアップラボ』

育乳とダイエットは、続けていくことが大事

私の貧乳の思い出、たくさんの失敗、
そして、初めて成功した育乳について、ここまで読んでくださってありがとうございます。

世の中にあふれる「おっぱいが大きくなる○○」

に(言い方悪いですけど)散々だまされてきて、
胸の大きさって生まれてきた時から決まってることなんだなぁとあきらめてきた人生。

でも、

胸が大きくなるちゃんとした方法

は、たくさんの情報に埋もれながらも、ちゃんと存在します。
夢でも魔法でもなく。

胸が小さいっていうだけで自信が持てなくて、
実際にそれで笑われたこともありました。

悩んだり辛い思い出がある分、頑張れると思います。

頑張れば結果が出せるというのは、
頑張っても結果が出るか出ないか分からない色んなことに比べたら、
とっても優しい世界だと思います。

みなさんの悩みが、1つ減りますように。

そして、自信を持てたことで、明るく、もっと楽しく前向きに新しく、生きていけますように。

がんばりましょう。

・どんなブラを着ければいいか、おすすめはどのブラか
・猫背を直すことは生きていくうえでもとっても大事
についても、追々書いていこうと思います。
お役に立てますように。

私が唯一成功したバストアップ方法『バストアップラボ』

面白かったら、ポチッとしてみてね。
ブログランキング・にほんブログ村へ